会長メッセージ

代表取締役会長 米屋 功
代表取締役会長 米屋 功

 原色版印刷の祖として多くの芸術家に愛された半七は、一方で常に時代に先駆けて技術革新に努めてきました。昭和28年には、日本初のハイデルモデル工場となりました。印刷の自動化への先鞭をつけたのです。原色版からオフセット印刷へと移行し、デジタル印刷へ向けての設備導入に着手したのは、昭和61年でした。試行錯誤を重ね、平成5年には製版から印刷工程までのデジタル印刷システムを完備。以来、印刷工程におけるデジタルデータ処理の研鑚を重ねています。

 印刷は、「アナログからデジタルへ」という移行の時代が終わり、「マルチメディアに対応するためのデジタル印刷」へと変化しています。半七は今、ネットワーク社会における情報展開のテクニカルアドバイザーとして、皆様のお役に立てると自負しています。

経営理念

私達は、自立の精神こころと豊かな創造によって
多様化する情報産業の中で限りない可能性を追求し
お客さまが求める魅力ある商品の提供を通して
私達のロマンを実現する

私たちはお客様にご満足いただくため
お客様のご要望を的確に把握して
営業部・製版部・印刷部の確実な連携で具現化していきます。

TOP